スイーツと健康情報が好き

スイーツと健康情報が好きな私のブログ

血糖値って?

こんにちは。くりのケーキです。

 

甘いものが食べたい、、、、でも血糖値が上がりすぎちゃうし、、、、

ところで、血糖値ってなんでしょうか?

あまり高いと良くない、ということは知っているんですが、、、

血糖値を上げない、でも甘い、そんな良いものがあったり、、、しないんでしょうか? 

     
  1. 血糖値って?
  2.  
  3. 体全体でどれくらいのブドウ糖が溶けているの?
  4.  
  5. 血糖値がブドウ糖の濃度なら、果糖はいくら摂取しても大丈夫?
  6.  
  7. おわりに

 

血糖値って?

血糖値とは、血液中に存在するブドウ糖グルコース)の濃度のことです。

単位は mg/dL で、血液 100 mL 中に何 mg のブドウ糖が溶けているかを表しています。

ちなみ健康な方の空腹時血糖値の正常値は 80 〜 90 mg/dL 程度になることが一般的なようです。

 参考:空腹時の血糖値の高さとそのリスクついて知っておきましょう | 気になることをやさしく解説「生活習慣ケアコラム」 | 大正製薬

この正常値って実際どれくらいの量のブドウ糖なんでしょうか?

血糖値を見ていてもいまいちピンとこないので、血液全体でどれくらいのブドウ糖の量になるのかを計算してみたいと思います。

体全体でどれくらいのブドウ糖が溶けているの?

日本人の成人の血液量は体重 1 kg あたり約 80 mL が平均とのこと。

 参考:血液について 一般社団法人日本血液製剤協会

体重 70 kg の私には 70 x 80 ⇒ 4800 mL (5 L 弱)の血液が流れていることになります。

4800 mL は 48 dL ですから、私の血糖値が 80 mg/dL の場合は

48 x 80 mg ⇒ 3840 mg、つまり私の血液全体で 4 g 弱のブドウ糖が溶けている計算になります。

つまり私の血液全体でティースプーン 1 杯分程度しかブドウ糖は溶けていない、、、ということになりますね。

 

私が高校生の頃、ドリンクバーで淹れたカプチーノを甘くするのに

白い泡の部分にスティックシュガーを 1 本、

コーヒー部分には 2 本程度入れていたものですが、

体全体に溶けている量をはるかに超える量の糖分を摂取していたんですね、、、

しかもこれをカプチーノをお代わりするたびに繰り返していたのですから恐ろしいですね。

(でも泡の部分が甘くて美味しかったのです。)

血糖値についてはわかったものの、このままでは怖くて甘いものなんて食べられないですね。。。 

血糖値がブドウ糖の濃度なら、果糖はいくら摂取しても大丈夫?

血糖値は血液中のブドウ糖の濃度、、、なるほど、つまり果物等に含まれている果糖(フルクトース)ならいくら摂っても血糖値が上がらないのでは?

例えばアガべシロップのような果糖の割合が非常に多いものを甘味料として使えば、体に対するダメージを最小限にしながらも甘いものを楽しむことができるのでは、、、!!!

早速調べてみましたが、厚生労働省様のこんなページがヒットしました。

 参考:果物 | e-ヘルスネット(厚生労働省)

確かに血糖値に対する直接的な影響は小さいようですが、果糖も摂り過ぎは問題があるようです。うまくいかないものですね。。。

おわりに

血液に溶けているブドウ糖の量は、あなたのイメージより多かったでしょうか?少なかったでしょうか?私はイメージよりもかなり少なかったです。

私の飲んだカプチーノのスティックシュガー 3 本分の当分はすぐに吸収されて血液に溶け込んでしまうのでしょうか?

・糖質の吸収スピード

・血糖値が高いとどうなる?低いと?

このあたりのことについても調べていきたいですね。

それでは!